「不動産のポートフォリオ」

皆さん、こんにちは。IPC独立系国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

 

投資の格言に

「同じ器に盛るな」

という言葉があります。

 

金融商品の投資分野では常識ですね。

 

ただ私は、不動産分野では、特に、お金を増やす過程の投資家には、その言葉は当てはまらない、と言いたいですね。

 

金融商品は、相場が上がっても、下がっても、儲けるチャンスがあります。その代わり、投資した全額が消える、リスクがあります。

 

一方、不動産の特性は、一物一価、であり、その投資単位が大きいです。

 

IMG_5523 

 

 

特にキャッシュでの投資では、投資金額のグロスは当人からは大きいですが、市場では、大きくない金額が多いです。

 

つまり、より積極的に攻める、という姿勢、がまずは必要、ということです。

 

その不動産が割安か、利回りや転売はどうなのか?

など、プロでもそのエリアを定点観測していたり、とても詳しい方しか、早いジャッジは中々出来ないのが実態です。

 

つまり、そのエリアに興味があったら、そこの情報を手に入れて、そこで判断する、という、手法を取らない限りは、不動産ファンドやリートを購入する方が良い、とも言えましょう。

 

 

DSC02423

 

 

販売する側は、全く、その辺りの情報は出さない、というか、出せない、ということが現状です。

 

私は、その辺りの課題を、いかに投資家に提供するか、にチャレンジして行きたいと思います。

 

ただ、マーケティング情報だけでは、購入には至れない、お金、言い換えれば、融資、の情報にも、入り込んで、コンサルタントとしてお役に立ちたいと思っています。

 

不動産投資は、分散投資だと儲からない、と思っているので、、。

 

しっかりと儲けたい、ですよね。