「脅迫観念を植え付ける営業」

皆さん、こんにちは。IPC独立系国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

 

今は、バンコクのスワンナプーム空港でハプノンペンへの乗り換え待ちをしています。

 

海外不動産を買う理由に、

日本が不安だ!ということを聞きますが、私はいつも「本当に?」という思いがあります。

 

〇〇が不安だ、、だから〇〇しましょう!

 

というのは、古典的な「不安を煽る」ことによる、手法による「思い込み」から来ている、と思うことが多いです。

 

この手法は、保険も一種の「不安解消」であり、預金も同じ感覚がします。

 

行き過ぎれば、いわゆる宗教がかったことまで、日常普通に目の前にある様相です。

 

プノンペンの市内風景

 

私も不動産営業マンを30年以上やっていますが、売る側の手法として、意識して、或いは無意識のうちに、言い換えれば、悪気無く、行っています。

いわゆる「動機付け」には有効なのでしょうね。

 

動物は人間も含めて「身を守る」本能があり、生きていくためにも大切な本能です。

 

私がある種の違和感を覚えるのは、投資とは、人間の本能的な「守る」という行為とは対極的な位置にある、と思うのですが、海外不動産投資の切り口を「日本の将来不安」から始めること、もしくは

始める人、が、どうもしっくりこない、ということなのです。

 

長年マンション営業やマーケティングをして来た私は、売れなくなる時は、決まって「将来が見えない」とき、でした。

 

一気に価格が下がりながらも、不動産価格で言えば、20%程度下がれば、過去は売れて来ました。

 

実需でので市場はそうでしたが、投資の市場は、常に、儲けたい、という色気があります。

 

その色気が活力となり、投資市場が成り立っている、と考えると、

不安を煽る?意味は何?

投資市場は逆張りじゃないの?

 

と思うので、そんな営業マンからは全く根拠がない提案を受けますよ!

と言いたいですね。

 

それよりも、不安な局面を冷静に対処する、という、投資の基本、を大切にして欲しいと思います。