【ブログ】実際どうなの、米国西海岸。

こんにちは、国際不動産エージェントの市川隆久です。

今回はアメリカ西海岸、ロサンゼルス不動産について書きます。
ロサンゼルスは移住している日本人の3分の1は西海岸に住んでいる地域なので、日系スーパーなども充実しています。
気候が良く、降雨量が少なく、湿気も少ないため、住みやすいと人気の都市ですね。

同じアメリカ西海岸ではサンフランシスコのシリコンバレーにIT系が集まっているのですが、それがだんだん南下しロサンゼルスのほうに移動しています。
そのことでロサンゼルスの不動産価格ははどんどん上がり、今では中古の木造住宅は1億円からが基本価格になります。
東京に比べるともちろん建物・土地は広いですが、一億円スタートとなると、東京より高く感じてしまいますよね。

ロサンゼルスの北のほうにある、ベーカーズフィールドというところを見に行ったことがありますが、ベーカーズフィールドでは2000万~5000万という場所も見つけられます。
中心部からは少し離れている、まだこれから伸びる地域ですね。

移住においても投資においても、学区選びに気をつけることが治安選びにもつながります。
良い学校のあるところに質の良い人が集まりますから、住むにも安心ですし、投資をするにも入居者の質を心配することが減ります。
自分が近くにいれば管理もできるかもしれませんが、不在で投資をするとなるとなおさら、入居者の質には注意したいところです。

セミナーは特別に開催していませんが、相談頂ければご紹介できる物件はありますので、
西海岸を検討中のかたもお気軽にお問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。