• みなさん、こんにちは!
    今回の質問は「イギリスの不動産事情を教えてください」です。

    「市川さんのポッドキャストを知人から紹介して頂いてから何度も聞かせて頂いています。毎月海外に行っている生の話はとても興味深く楽しいです。
    さて、私はイギリスに留学していたこともあり、海外不動産の投資をするならイギリスに興味がありますが、今のイギリスの不動産のことを教えてください。」

    番組をいつもお聴きいただき有難うございます!

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ブログ】実際どうなの、米国西海岸。」を公開しました。 6日 1時間前

    こんにちは、国際不動産エージェントの市川隆久です。

    今回はアメリカ西海岸、ロサンゼルス不動産について書きます。
    ロサンゼルスは移住している日本人の3分の1は西海岸に住んでいる地域なので、日系スーパーなども充実しています。
    気候が良く、降雨量が少なく、湿気も少ないため、住みやすいと人気の都市ですね。

    同じアメリカ西海岸ではサンフランシスコのシリコンバレーにIT系が集まっているのですが、それがだんだん南下しロサンゼ[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ブログ】どうなっている?国際税務。」を公開しました。 1週前

    こんにちは、国際不動産エージェントの市川隆久です。
    今日は税金について書きます。
    これは詳しく書くとキリがないので、簡単に概要を書きますね。

    日本国内で不動産を取得した時にかかる不動産取得税は、
    海外でも、呼び方は違えど同じような類の税金がかかることが多いです。

    また、賃貸・売買時の収益についてもそうです。
    日本では不動産収入として確定申告の義務があり、海外で所有している不動産における所得に対して税金を支払[…]

  • みなさん、こんにちは!
    今回の質問は「不動産投資で融資を受ける場合の金利が各国どこくらいか教えてください」です。

    「日本で不動産投資をする場合の融資の金利はとても安いですが、海外不動産投資で融資を受ける場合の国ごとの金利がどのくらいか気になります。そのあたりのことを教えて頂けますでしょうか。」

    番組をいつもお聴きいただき有難うございます!

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【インディアナ不動産】よくある質問」を公開しました。 1週 2日前

    Q:インディアナ物件購入に融資は使えますか?

    A:原則、現金購入とお考えください。アメリカでは融資使えません。日本に担保物件があれば、国内金融機関で融資を受ける可能性はあります。

     

    Q:購入時諸経費はどの位かかりますか?

    A:弁護士費用、保険代、インスペクション代、購入サポート料…全部あわせて購入金額の10%みておけば良いでしょう。

     

    Q:購入手続完了後、どの位で賃貸がつきますか?[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ドイツ不動産】よくある質問」を公開しました。 1週 2日前

    Q:ドイツ物件購入に融資は使えますか?

    A:区分では使えませんが、一棟物件の購入には使うことができます。リコースタイプ、物件価格の4-5割、年利3-4%、期間15年、変動、30万€~というのが目安の基準です。

     

    Q:購入時諸経費はどの位かかりますか?

    A:不動産取得税、保険代、契約作成料、購入サポート料…全部あわせて購入金額の15%みておけば良いでしょう。

     

    Q:購入手続完了後、どの位で[…]

  • 今秋9月・10月に開催する特別講座「市川隆久・鈴木学の国際不動産投資成功塾」に先立ち、オリエンテーションを行います。
     
    「市川隆久・鈴木学の国際不動産投資成功塾」においては、世界25ヵ国66都市を駆け巡り収集した市川隆久、鈴木学の情報、ノウハウを皆様にお伝えします。

     
    ■市川 隆久

    ■鈴木 学

     
    「市川隆久・鈴木学の国際不動産投資成功塾」
    不動産投資方針を決める3つの特別全三講座[…]

  • みなさん、こんにちは!
    今回の質問は「海外不動産投資で人気のある国や都市はどこですか?」です。

    「海外不動産投資に興味があります。海外不動産投資で人気がある国や都市を教えてください。その理由も合わせて聞かせてほしいです。皆さんは何を基準にその国や都市の不動産に投資するのでしょうか。」

    番組をいつもお聴きいただき有難うございます!

  • こんばんは、国際不動産エージェントManachanです。今回のブログでは、日本人投資家が業者経由で海外不動産を購入する際の「サポート料」の意味合いについて考察します。

     

    「そもそも、なぜ購入サポート料が必要なのか?」

    海外不動産を買う日本の投資家の多くは、購入価格の約2~5%の「サポート料」を仲介業者に支払っているはずです。これは顧客側、業者側それぞれの事情で、必要とされています。

    顧客からみると、日[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ブログ】長期フライト、どう過ごす?」を公開しました。 2週 1日前

    こんにちは、国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

    全然不動産と関係ありませんが、私は散々世界の不動産を見て回っているので、今回は海外への移動(フライト)について書こうと思います。

    不動産や投資に精通している方でも、海外への移動には慣れていない方も多いのではないでしょうか。

    長期フライトについては、ワクワクするという方もいれば、怖いと感じる方まで、それぞれだと思います。
    私は全く苦無く移動できますが、スト[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ブログ】保証付、本当に安心?」を公開しました。 2週 2日前

    こんにちは、国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

    「3年間7%利回り保証」

    こういった販促文句を見たことがある方も多いと思います。

    そもそもこの利回り保証が何を意味するかというと、
    売主業者が、購入後3年間、実質利回りが3%であろうと、10%であろうと、購入価格のうち年間7%のリターンを保証(支払い)ます。
    ということです。
    利回りではなく、賃料で提示しているケースもあります。
    購入後賃貸出す際、[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「【ブログ】ドイツ不動産の魅力」を公開しました。 2週 2日前

    こんにちは、国際不動産コンサルタントの市川隆久です。
    最近当社でも人気商品であるドイツ不動産。
    その魅力について、商品・国民・国の3つに絞って書こうと思います。

    ■商品の魅力

    1000万円以下から、リーズナブルに購入できて、賃貸経営もしやすい。
    殆どが石造りで、土台がしっかりとしているため築年数が古いことは価格の下落に直結しません。
    古いものでもメンテナンスをして大切に長く使われています。

    ■国民の魅[…]

  • アメリカの築古木造物件を買って節税、というセールストークが流行る昨今。でもよく調べると「優良な節税物件」もあれば、「買ったら損する節税物件」もあります。今回のセミナーは、不動産専門家の視点からみて、安心度の高い節税向き物件を紹介します。

    セミナーお申し込みはこちら

    アメリカなど海外の木造築古物件は、「日本での節税効果が大きい償却資産」として、課税所得の高い富裕層向けに販売されています。

    日本で不動産所[…]

  • 不動産価格上昇が続くアメリカ。治安が悪くない場所としては、全米最安値水準6~8万ドル台で購入でき、かつネット利回り8%以上出る収益戸建を紹介します。シカゴの東に隣接し、全米屈指の名門ノートルダム大学と国際空港を抱える北インディアナ地方、日本でまだ誰も知らない不動産投資機会を学ぼう。
    お申込はこちら
     

    1.全米最安値水準で収益戸建が買える北インディアナ地方

    いまアメリカでは、全国的に不動産価格の上昇が続[…]

  • こんにちは、国際不動産コンサルタントの市川隆久です。
    本日は、お客様からの質問にお答えしようと思います。

    「バンコクのスクンビットエリア(タイ)のコンドミニアムを他の業者さんから2014年に購入しました。
    当時は値上げすると聞いて購入しましたが、先日聞くと今は値下がりしているとのこと。。。タイの不動産市場について教えてください。」

    というご質問を頂きました。

    2014年というと、そのころのスクンビットでは[…]

  • こんにちは、国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

    今日は、アメリカ不動産の特徴や日本との違いについて、書きたいと思います。

    日本では毎年多くの新築物件が建築され、
    新築時をピークに価格は下落していくのが一般的です。
    また、人口に対して物件の数のほうがはるかに多い、供給過剰の状態です。

    比較してアメリカでは、基本的に中古木造戸建が多く、
    古いからといって価値が下がることはありません。

    広い国です[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「【ブログ】二地域居住から民泊の時代へ…」を公開しました。 2週 5日前

    こんばんは、国際不動産エージェントManachanです。

    今は世界中どこへ行っても、「民泊」最盛期の時代ですね。AirBnB、途家、Booking.comなどポータルサイトを使って、民間住宅を貸したり借りたり、あるいは保有物件を短期貸しして高収益を上げたり…インターネット・スマホ普及のおかげで簡単にできる時代になりました。私も、海外にあるいくつかの物件を「民泊」運営したり、海外出張で「民泊」に泊まってみたりと、便利に使わ[…]

  • みなさん、こんにちは!
    今回の質問は「日本政策金融公庫で海外不動産の融資が受けられるって本当ですか?」です。

    「私は関東でアパートを2棟持っているサラリーマン大家です。日本での不動産投資は今は買い時ではないと思って、海外不動産の購入を検討中ですが、現金はあまり持っていません。
    海外不動産を購入するために日本政策金融公庫で融資が受けられるようなことを聞きましたが、そのあたりのことを教えてください。」

    番組をいつも[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「【ブログ】イギリス~この国と文化のかたち」を公開しました。 3週 2日前

    おはようございます。国際不動産エージェントManachanです。私は先週、英国ロンドン近郊のセントアルバンス(St Albans)という美しい街にいました。驚くべきことに、この街は古代ローマ時代以来の2000年の歴史を持ち、当時は英国(グレートブリテン島)のなかでロンドンに次ぐ第二の都市だったそぅ[…]

  • こんにちは国際不動産えージェントManachanです。いつもご愛読ありがとうございます。今回のブログでは、不動産投資・ビジネス、国民経済におけるキーワード、「定住人口」と「交流人口」について論考したいと思います。

     

    海外の不動産投資を志す日本のお客様は、多くが「将来、日本の人口が減り、経済が停滞・衰退する」ことを懸念しており、それが彼らをして海外に目を向けさせる主な動機になっています。

    彼らのいう「日本の人[…]

  • もっと読み込む