• おはようございます、Manachan@バンコク滞在中です。いつもご愛読ありがとうございます。

    今回のブログは、ここ1~2年、常に投資界隈を賑わせてきた「暗号通貨」(仮想通貨)と、私がライフワークにしている「不動産投資」との関係について書いてみます。

    いくつかの暗号通貨の価値(もとい日本円や米ドルへの換算額)が短期間で何十倍、何百倍になり、世の中が「億り人続出」とか、「確定申告どうしよう~?」とか、騒がしくなってくる[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「私が日本の将来を悲観しない理由」を公開しました。 6時間 10分前

    こんにちは、Manachan@バンコクドンムアン空港です。いつもご愛読ありがとうございます。

    「海外不動産の総合商社」という新しい業態の会社を起業し、仕事柄、世界中を飛び回っている私。先週はアメリカ、今週は東南アジア、来週はヨーロッパと、めまぐるしく移動を続けるなかで見聞、体験したことや知見を、日本国内に暮らす皆様にフィードバックしています。今回お伝えしたいのは、

    「私の見立てが正しければ、日本の将来、捨てたもんじ[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「3000万円以上の海外本命物件を買おう!」を公開しました。 4日 5時間前

    こんにちは、Manachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

    前回は、「予算1000万円で海外不動産買うなら何が良いか?」について私見を書きました(記事リンク)。結論を一言でいえば、「この予算帯なら先進国(ドイツ、アメリカ等)地方都市の、ネット8%くらい回る戸建や区分が一番おススメ」です。

    海外の先進国で1000万円の実物不動産というのは、「外国人投資家が宇都宮や高崎で物件探しする」位、かなりニッチな話では[…]

  • こんにちはManachanです。今アメリカ北部、インディアナ州サウスベンド(South Bend, Indiana)という地方都市に滞在しています。本当に小さな街で、中心街を歩いても商業施設は3ブロック位で終わって[…]

  • みなさん、こんにちは!
    今回は、いつもの質問に対する回答形式ではなく、パーソナリティの市川隆久が「投資」というテーマについて語ります。

    番組をいつもお聴きいただき有難うございます!

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「3/14 米国インディアナ激安収益戸建セミナー@東京」を公開しました。 1週前

     

    不動産価格上昇が続くアメリカ。治安が悪くない場所としては、全米最安値水準6~8万ドル台で購入でき、かつネット利回り8%以上出る収益戸建を紹介します。シカゴの東に隣接し、全米屈指の名門ノートルダム大学と国際空港を抱える北インディアナ地方、日本でまだ誰も知らない不動産投資機会を学ぼう。

    1.全米最安値水準で収益戸建が買える北インディアナ地方

    いまアメリカでは、全国的に不動産価格の上昇が続いています。キ[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「3/14 ドイツ高利回り物件紹介セミナー@東京」を公開しました。 1週前

    ドイツは名実ともに、ヨーロッパ経済を引っ張る先進国。登記制度、建物や内装のクオリティ、真面目な国民性、旺盛な賃貸需要、低い空室率…どれを取っても日本人と比較的相性の良い、安心できる海外の不動産投資先といえます。当セミナーではドイツの中でも比較的安価で購入できて投資価値の高い、ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州の収益不動産を紹介いたします。

    EU経済を牽引する先進国ドイツ。同国都市部の不動産の平均的な利回[…]

  • 「中古住宅のリフォーム」というトレンド

    日本の住宅は、戦後から高度成長期を経てバブル期頃まで、「新築大量供給とスクラップ&ビルド」が支配的な世界でした。しかし、ここ10~20年くらいで潮目が変わり、「中古住宅をリフォームして快適に暮らす」流れが普及してきました。

    日本の総人口は年々減り、住宅需要が伸びないなか、新築を大量に供給しても空き家が増えて社会問題化します。また、アベノミクス以降は建築コストが高騰し、新築マン[…]

  • 海外の不動産に投資する最も根本的なリスクは、「遠いこと」。つまり「物件が自分の手の届かない場所にある」ことです。関東在住のオーナーが北海道の物件を持つ遠隔投資でもそうですが、海外はさらに遠いので、基本中の基本として、「管理や修繕で悩まない仕組みを、現地パートナーとの間で構築しておく必要」があります。

    投資利益を確保する上で大事なのが、海外不動産の保有を想定する期間中に、

    ・建物のトラブルがほぼ起こらないこと
    ・入[…]

  • 市川隆久 さんが新しい投稿「2015年に激変した日本の不動産投資環境」を公開しました。 2週前

    こんにちはManachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

    いま巷を騒がせている「かぼちゃの馬車」破綻、昨年話題になった「レオパレス集団訴訟」に象徴されるように、いま日本の不動産賃貸経営におけるサブリース業者や金融機関の事業姿勢が、大きく問題視されています。

    ま、これって古くて新しい問題ですよね。普段、不動産の業界に居るから分かりますけど、「肉食8割、草食2割」と言われるように、この商売やってる業者の大部分[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「俺みたいな不動産投資はするな!(2016/9/2)」を公開しました。 2週 4日前

    こんにちはManachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

    私はこれまで200回以上の不動産セミナーを国内外各地で開催してきましたが、主催者として、結構困惑するのが、

     

    「Manachanはこの物件買ってるの?」

    「Manachanが買うなら俺も買う!」

     

    …みたいな会話。もちろん、初めての海外不動産投資は不安でいっぱい、判断するの難しいから私みたいな経験者の真似したい、という気[…]

  • みなさん、こんにちは!
    今回の質問は「初心者の私が海外不動産をどう買えば良いですか?」です。

    「私は最近になって海外の不動産に興味を持ち始fめました。まだ本当に初心者なので、何から勉強して良いかも分かりません。
    友達から市川さんのポッドキャストのことを聞いて、聴き始めています。
    勉強する教材なども教えて欲しいですし、基本的なことから是非教えてください。」

    番組をいつもお聴きいただき有難うございます!

  • こんばんは、Manachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

    不動産投資界隈は、「かぼちゃの馬車&スルガ銀ショック」かまびすしい世の中ですね。大家業界で情報発信している方々には、不動産投資に失敗して困ってるオーナーからレスキュー依頼が続々と来ていることかと思います。私のところにも、しっかり相談来てますよ~。

     

    「かぼちゃの馬車」では、「シェアハウスの賃料収入」のほか、「派遣ビジネス収入」もあるから破[…]

  • アジア太平洋大家の会主催セミナーです。全米屈指の人口増加エリアで、ネット利回り6%以上(2戸タイプなら8%)で担保価値も優れた新築戸建で資産形成しよう。全米が憧れるヨットハーバー住宅都市「フロリダ州ケープコーラル」で、投資指標に優れた優良物件をご紹介。現地金融機関から5~7割の融資も可能。

    講演者:市川隆久(いちかわ たかひさ)氏

    国際不動産コンサルタント
    1961年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。1984[…]

  • アジア太平洋大家の会主催セミナーです。ドイツは名実ともに、ヨーロッパ経済を引っ張る先進国。登記制度、建物や内装のクオリティ、真面目な国民性、旺盛な賃貸需要、低い空室率…どれを取っても日本人と比較的相性の良い、安心できる海外の不動産投資先といえます。当セミナーではドイツの中でも比較的安価で購入できて投資価値の高い、ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州の収益不動産を紹介いたします。

    講演者:市川隆久(いちかわ たかひ[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「不動産業界は肉食8割、草食2割(2018/1/21)」を公開しました。 3週前

    Manachanです。いつもご愛読ありがとうございます。私は、IT業界でサラリーマン・エンジニアを19年やった後、脱サラして全く異業種の不動産業界で独立し、5年の歳月を過ごしております。また、本業とは別に、個人投資家として15年ほど前から、世界各国の不動産に投資してきています。

    今回のブログは、「個人投資家&IT業界出身者」の目からみた「不動産業界」の姿について、思うところを書いてみますね。

     

    私が「不動産[…]

  • アジア太平洋大家の会主催セミナーです。日本だけでなく海外(ハワイ)で現在所有している不動産を担保に、海外(世界各地)の不動産購入資金に利用できるローン商品が登場しました。また、日本国内の不動産を担保に、海外不動産購入資金に利用できるローン商品もあります。セミナーでは銀行担当者から直接話を聞くだけでなく、融資の相談もできます。

    ファシリテーター:市川隆久(いちかわ たかひさ)氏
    国際不動産コンサルタント。(株)国際不動産[…]

  • ☆☆当セミナーは終了いたしました☆☆アジア太平洋大家の会主催のセミナーです。ドイツは名実ともに、ヨーロッパ経済を引っ張る先進国。登記制度、建物や内装のクオリティ、真面目な国民性、旺盛な賃貸需要、低い空室率…どれを取っても日本人と比較的相性の良い、安心できる海外の不動産投資先といえます。当セミナーではドイツの中でも比較的安価で購入できて投資価値の高い、ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州の収益不動産を紹介いたします。[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「草食不動産屋宣言(2018/01/29)」を公開しました。 3週前

    こんにちは、Manachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

    シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズ破綻かまびすしい今日この頃、楽待新聞で踏み込んだ記事があり面白かったです。「かぼちゃ」シェアハウス買って入居付けに困っているオーナーの話は、2年ほど前から私の耳に入っていました。破綻の約半年前には、都内で宅建業を開業した友人のオフィスに、空室だらけのかぼちゃシェアハウスに入居付けしてくださいと、担当[…]

  • 鈴木学 さんが新しい投稿「不動産投資やるなら先進国だと思う理由(2018/1/28)」を公開しました。 3週 1日前

    こんにちは、Manachanです。

    東京ビッグサイトで行われた資産運用Expo(1月25~27日)に出展し、怒涛のように忙しい3日間が終わりました。私たちは「ドイツ不動産投資」ブースを出しましたが、来場者からの反応は大変好意的なものでした。日本でほとんど知られていないドイツ不動産、皆さん「初めて聞く話」ながら、きちんと説明すれば、皆さん目を輝かせて「こんな話を待っていた!」という…

    「先進国の都市部なのに安く買える[…]

  • もっと読み込む